脂肪を落とす方法・ダイエット塾TOP > 簡単に痩せる方法について > 運動しないでダイエットできるの?

運動しないでダイエットすると・・・

運動しないでダイエットできるなら、そのほうが簡単でいい、と考える女性がいるかもしれません。

ですが、ちょっと待ってください!運動しないでダイエット、ということは、食事制限だけによって体脂肪を落とす方法、ということですよね?たしかに食事量やカロリー量を減らせば、今までよりも摂取カロリーが減少します。そうなると消費カロリーのほうが上回るために、脂肪を落とすことができるわけです。

これがわずかな差であれば、健康を害することなく、ダイエットに成功できる可能性はあります。つまり消費カロリーのほうが、わずかだけ多いような状態ですね。でも実際には、体内環境は目で見れませんから、なかなか困難だと思います。

脂肪を落とす方法を短期間で実践しようとする女性は、たいてい急激な食事制限を行います。すぐに体重の減少という結果を出したいからですね。摂取カロリーと消費カロリーの格差が大きいほど、短期間で体脂肪が減っていくと期待するわけです。

運動しないでダイエットしても、最初のうちは、気持ちよいほど体重が減っていくでしょう。たしかに体脂肪も減るでしょう。ですが、どこか締まりのない体型になっていませんか?それは筋肉を鍛えていないので、ボディメイキングができていないからです。また過度の食事制限によって、ブドウ糖が足りないために、実は筋肉まで減らしているからです。

テレビなどで有名な低カロリー置き換え食品にしても、上記のような現象の危険がつきまといます。運動しないでダイエットするからです。筋肉というものは、使わなければ決して維持出来るものではありません。使用しないものは衰える・・・それは頭脳でも一緒でしょう。寝たきりの病人は、骨と皮になるものです。

そこまで極端ではないにしても、運動しないでダイエットすると、筋肉を全く使いませんから、どんどん筋肉が弱っていきます。つまり筋肉量が減って、基礎代謝量が減少していくということ。これは太りやすい上に、痩せにくい体質になることを意味しています。運動しないでダイエットすることは、このような状況を招くだけです。

運動しないでダイエットすると、体脂肪と筋肉が同時に減っていきます。でもそれは、最初のうちだけ。いずれ恒常性が働いて、脂肪を蓄えようというモードに切り替わります。食べ物が入ってこないので、脂肪を使わないように節約しだすのです。ですから、しばらく運動しないダイエットを続けていると、へっていくのは、水分や骨量、筋肉量だけということになるのです。

それだけではありません。運動しないでダイエットを長期にわたって続けていると、内臓脂肪がたまるといわれています。内臓脂肪は色々な生活習慣病の病巣ともなり、メタボリックシンドロームの元凶となります。内臓脂肪が多いというだけで、悪玉の色々な物質を、血液中に放出し続けることになるのです。それは高血圧や糖尿病などを誘発する、悪玉の物質です。

ですが、少しだけでも生活のなかにエクササイズを取り入れることによって、内臓脂肪は簡単に減っていきます。悪玉物質は、内臓脂肪を少し減らしただけでも減少するという特質があります。ですから過激な運動はいりません。今よりも少しだけ内臓脂肪を減らせば、あなたは生活習慣病のリスクが激減するのです。

運動しないでダイエットすることは、このように内臓脂肪の蓄積から、生活習慣病の数々を引き起こすリスクが伴います。一事的な体重の減少だけに目を奪われて、本質を見れないことは愚かです。体重が減少していても、じつは体脂肪率は上がっていることが多いのです。

運動しないでダイエットしても、体脂肪率は下がりません。筋トレと有酸素運動を取り入れることによって、ようやく脂肪を落とす方法を実践することになります。それは、あなたの美容と健康を守るダイエット法なので、ぜひ運動を取り入れたダイエットをオススメします。